キルビルPainの囁き

IRONFIST / X-1'S ヴォーカルキルビルPainB.B.のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーツ!!!


K-1は、また今年もセーム・シュルトが優勝し、は完全に鎖国すると思っていた。

しかし、大方の予想をくつがえし、優勝したのはアリスター・オーフレイムだった。

確実にK-1は新しい時代に突入した。


しかし、今回1番の立役者は、間違いなくピーター・アーツだった。


K-1GP第1回大会から参戦し続け、3度世界を制圧した「20世紀最強の暴君」。


アーツも今年で40歳。


髪の毛には白髪が増え、顔には深いシワが刻まれた。

それに反比例して、アーツの身体は今までで最高にビルドアップしていた。


正直、誰もアーツが決勝の舞台にいるとは思わなかっただろう。


初戦突破も危うかった。


なのに、アーツは決勝まで勝ち上がった。


エベルトン・テイシェイラを倒し、
マイティー・モーを倒し、
そしてセーム・シュルトを倒し。


とくに対セームシュルト戦は熱かった。


圧倒的不利の中、何発どつかれても、どつかれても、前に出続けた。


セームシュルトという難攻不落の城を、根性で攻め落とした。


技術を極限まで高めた状態だからこその「精神論」なんだねぇ。


シュルトを倒し、決勝に上がった満身創痍のアーツに、アリスターと戦う力は残っていなかった。


結果、優勝はアリスター。



しかし、今回のK-1GPの主役は間違いなくピーター・アーツだった。


オッサンでも、やれば出来るという事を証明した。

諦めなければ、不可能が可能になる事を証明した。


アーツ、超かっけーぜ!!!



スポンサーサイト
  1. 2010/12/12(日) 01:05:09|
  2. 音楽

プロフィール

キルビルPainB.B.

Author:キルビルPainB.B.
「日本一喋れるヘビーメタルシンガー」と呼ばれ、現在「バツイチ救済戦隊 X-1'S(エックスワンズ)」として活動中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

音楽 (404)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。